有馬ふるさと公園 -川崎市宮前区(鷺沼駅)

有馬ふるさと公園 複合遊具(アスレチック)公園

有馬ふるさと公園は、東急田園都市線「鷺沼駅」が最寄りになる公園です。
複合遊具(アスレチック)・すべり台・ブランコ・砂場・鉄棒・ロッキング遊具・山がありました。

複合遊具(アスレチック)には、つり橋や大きめのすべり台があったりする大きなもので、めちゃくちゃ楽しめました!

有馬ふるさと公園の場所

住所は「神奈川県川崎市宮前区有馬8丁目20−26−1」になります。鷺沼駅からはGoogleマップのルートで徒歩約13分です。

有馬ふるさと公園の写真

有馬ふるさと公園は、山の部分がまるっと公園になっているのですが、入り口を間違えると勾配が結構あるので、1周するのがかなり大変だから気をつけてください。

遊具のある入口は、北側の角になります!

(僕らが行ったときには、公園東側についたので地図を見ずにアプローチして、山の上に公園があるだろうと思って、南側経由して西側に行き、最後に北側の入り口についたのですが、かなりしんどかったです。)

全体の見た目

有馬ふるさと公園の北側にある入り口から入ると、遊具が全部見えます。

左側にはすべり台、ブランコ、砂場、鉄棒があって、

有馬ふるさと公園

右手の山側には、ロッキング遊具と複合遊具(アスレチック)がありました。

有馬ふるさと公園

また、公園の名称板とは別に、石でできた立派な公園名もありました。

有馬ふるさと公園

有馬ふるさと公園で一番目立つのが、山の斜面と大きな木の周りに作られている複合遊具(アスレチック)です!!

有馬ふるさと公園 複合遊具(アスレチック)

遊具

遊具は、複合遊具(アスレチック)・すべり台・ブランコ・砂場・鉄棒・ロッキング遊具・山がありました。

複合遊具(アスレチック)

有馬ふるさと公園の複合遊具は、山の斜面の石垣の上に作られています。

有馬ふるさと公園 複合遊具(アスレチック)

左側には少し幅の広いすべり台と、ロープの付いたクライミングウォールが付いています。

有馬ふるさと公園 複合遊具(アスレチック)

すべり台の横は斜面になっていて、そのまま登ることも可能です。

すべり台を上から見るとこんな感じで、そこそこに高さの傾斜があります!

有馬ふるさと公園 複合遊具(アスレチック)

すべり台の下り口から、大きな木の方に向かって「つり橋」が設置されていました。

有馬ふるさと公園 複合遊具(アスレチック)

上に登ってつり橋を見てみると、横幅が結構狭いです。大人が1人ぎりぎり通れる感じですね。

そして、両サイドの鎖が大人の腰ぐらいの高さしか無いため、バランスを崩したらひっくり返って落ちそうなので、ハラハラ・ドキドキなつり橋でした。

 

有馬ふるさと公園 複合遊具(アスレチック)

吊り橋を渡ると、大きな木の周りに足場が設置されていて、プチツリーハウスのような感じになっていました。

プチツリーハウスには、はしごやネットを登って上がることもできちゃいます。

有馬ふるさと公園 複合遊具(アスレチック)

今までの公園には無かった複合遊具(アスレチック)だったので、みんな大はしゃぎでした!

すべり台

複合遊具の下の広場には、普通の遊具もあります。すべり台は10段の普通のタイプでした。

有馬ふるさと公園 すべり台

ブランコ

ブランコは2連タイプなのですが、、、、下写真の奥のブランコが、誰も遊んでいなかったのに、ずーーっとゆらゆら揺れていたんですよね。。。

有馬ふるさと公園 ブランコ

気になったから、動画を撮り始めたのですが、第2子ちゃんが遊びたい〜と泣き出しちゃって、なんで動いているのかわかりませんでした。。

砂場

砂場はネットがあるタイプですが、残念ながらずれてて葉っぱがいっぱい入っていました。

有馬ふるさと公園 砂場

鉄棒

鉄棒は普通の3連タイプでした。

有馬ふるさと公園 鉄棒

ロッキング遊具

ロッキング遊具は、公園の入口と複合遊具の間にライオンさんが1つだけありました。

有馬ふるさと公園 ロッキング遊具

入り口から入って、鉄棒の横を通り過ぎておくに行くと林の中に入っていけます。

有馬ふるさと公園 山の中

緩やかな傾斜を進んでいくと、まっすぐは下る階段、右は登る階段になっていました。

有馬ふるさと公園 山の中

分かれ道の部分で振り返るとこんな感じです。

有馬ふるさと公園 山の中

山を登る方へどんどん登っていくと、

有馬ふるさと公園 山の中

登りが終わって山の頂上のようになります。

有馬ふるさと公園 山の中

下を見ると木の間から、複合遊具のすべり台が見えました。

有馬ふるさと公園 山の中

登ってきたほうを見ると、山の中の道という感じですね。

有馬ふるさと公園 山の中

さらに奥の方(西側)に進むと、木が開けて空がよく見えるようになってきます。

こちらからは下の方に鉄棒が見えました。

有馬ふるさと公園 山の中

少し下ると中腹にベンチと石垣がありました。

手洗い場

広い公園ですがトイレはなくて、鉄棒の後ろにシンプルな1口蛇口の手洗い場がありました。

有馬ふるさと公園 手洗い場

有馬ふるさと公園 のまとめ

有馬ふるさと公園は、複合遊具が珍しい形をしていてアスレチックのようなので、かなり楽しく遊ぶことができました。

ただ公園の入口を間違えて。ぐるっと1周しちゃったのですが、結構な山になっていて回るのは大変なので気をつけてください。

 

僕たちが最初に到着した東側の公園の角が、ここになりますが右側に行かないといけません。

左の坂を登ると、とっても大変な道のりです(笑)

有馬ふるさと公園

ちなみに、東橋の部分はベンチがある広場になっていて、

有馬ふるさと公園 下段

シンプルな1口蛇口の手洗い場がありました。

有馬ふるさと公園 下段の手洗い場

最後にわかったのですが、この広場の橋にある獣道のような階段は、鉄棒の方の分かれ道につながっていたようです!

有馬ふるさと公園 下段

コメント

タイトルとURLをコピーしました