川崎市の「東扇島西公園」で、子どもと一緒に釣りをしたらカサゴが釣れました!!

「東扇島西公園」で釣ったカサゴおもちゃ

ふと思いついて、前回潮干狩りに行ったときに買った「ダイソーの釣り竿 (1,000円)」を持って川崎市の「東扇島西公園」で釣りをしてきました!

ウネウネするエサは苦手だから、ダイソーで売っていたソフトルアーを使ったのですが、どうせ釣れないだろうなぁ〜となんとな〜く釣りをしていたら、、、奥がカサゴを釣っちゃいました!

釣り人がたくさんいるので、子どもが一緒の時は、邪魔にならないようにルールを教えて上げる必要はありますが、釣れなかったとしても釣り糸を垂らして「お魚釣れるかな?!」と、やるだけでもかなり楽しめますよ!

公園内には、芝生の広場も広がっているので小さな子どもものんびりできます!

東扇島西公園

「東扇島西公園」は、羽田空港の南側、横浜赤レンガ倉庫の東側に位置していて、実は川崎市の港(海に面している部分)は、とっても狭いですね。

ちなみに、この記事を書いているときに知ったのですが、川崎港内では「東扇島西公園及び浮島つり園(現在、台風被害により閉鎖中:2022年5月27日現在)以外の場所での釣りは一切禁止」されていました。

川崎市のサイト内に「東扇島西公園」の詳しい情報が出ています。

釣りが楽しめるのは「東扇島西公園」西側の柵があるところになります。この場所は約600mあるそうです。

「東扇島西公園」の釣り場

東扇島西公園第一駐車場の方から入ると、マップがありました。

「東扇島西公園」のマップ

焚き火やバーベキューは禁止です。

海に面しているので、津波避難情報もありました。

公園の奥の方に進んでいくと、左側に芝生が広がり、右側には作のある釣り場が広がっています。

釣り人の間隔は、4m程度空けてキレイに並んでいました。

途中には展望台もありました。

柵の向こう側には、港があるのでかなり大きな船が停泊しています。

ダイソーの釣り竿とルアーで釣り!

今回使ったのがダイソーで売っている釣具でした。

釣り竿とルアー各種

釣り竿はダイソーで売っている税込1,100円の釣り竿で、

ダイソーの釣り竿とルアー

ルアーはジグヘッドとシャッドテールワームというのを使ったら、カサゴが釣れちゃいました。

釣り竿にセットした状態は、こんな感じになります。

釣れちゃった時に、本当に釣れると思っていなかったのでバケツを持っていっていなかったのですが、急いで車まで取りに行ってしまったので、釣り上げた状態の写真を取り忘れちゃいました。。

バケツを持って戻ってきたら、隣りにいたおじちゃんが針からカサゴを外してくれて、バケツも貸してくれていました(笑)

釣り人は優しいですwww

「東扇島西公園」で釣ったカサゴ

今まで、釣りって準備されているものでやったことがあるぐらいだったのですが、釣り竿に入っていた説明書を見ればなんとかなりました(笑)

買ってなかったバケツやフィッシュトング

本当に魚が釣れると思っていなかったので、バケツとかフィッシュトングなどは買っていなかったのですが、ちゃんと釣ることができるので、準備しておいたほうがいいです!

「東扇島西公園」の釣り場には全て柵が設置されているため、海水をくむためには紐付きバケツが必要です!

また、触っていいのかわからない魚が釣れたときのために、フィッシュトングがあると安心です。毒のある魚に刺されると大変だし(笑)

アジ・サバ・イワシの仕掛け「大漁サビキ」

カサゴが釣れた後、周りではコノシロが釣れていて、第1子くんが「コノシロ釣るまで帰らない〜!」と、大きな声で言ったものだから、先程助けてくれたおじちゃんが息子に「シンプルサビキ」をプレゼントしてくれました。

ホント釣り人は優しいwww

アジ・サバ・イワシの仕掛け「大漁サビキ」

カゴと撒き餌はないものの、「もしかしたら釣れるかもよ!」ということで、早速付け替えて再釣行!

アジ・サバ・イワシの仕掛け「大漁サビキ」

・・・でも、繰り返すうちに根がかりしてしまい、仕掛けがちょっとずつ減っていき、、この日は釣れませんでした。。残念。

釣具店・駐車場・トイレ

東扇島西公園は、長時間滞在できるように各種施設もありました。

勇竿釣具店 西公園出張所

釣具やエサなどが足りなくなったときは、東扇島西公園第一駐車場の入り口のところでは、「勇竿釣具店」が出張所をやっているので、購入することもできます!

勇竿釣具店 西公園出張所

曜日によって営業時間は違います。Paypayも使えるようです。

またボランティアでゴミ回収もしてくれていました。

勇竿釣具店 西公園出張所

また出張所の営業時間外でも、釣具の自動販売機があって、釣具屋エサを購入することができちゃいます!

東扇島西公園の釣具自販機

ちなみに、「勇竿釣具店 西公園出張所」では、貸し竿:1日 1,000円(※仕掛け・エサは含まれません:レンタル時に保証金として+1000円)もやっているので、手ぶらで行っても一日釣りが楽しめちゃいます!

勇竿釣具店の公式サイトでは、東扇島西公園の釣果情報も出ているので、どんな魚が釣れているのか見ることもできちゃいます!

東扇島西公園第一駐車場

東扇島西公園第一駐車場は、24時間利用できます。

7時間、車を停めていても600円なので、そんなに高くないです。 ただ、高額紙幣やクレジットカード、電子マネーは使えないので注意が必要です。

東扇島西公園第一駐車場の案内

駐車料金

東扇島西公園駐車場料金表
料金(1日1回1台)
車両区分普通
3時間未満200円
3時間以上5時間未満400円
5時間以上8時間未満600円
8時間以上800円

ちなみに駐車場に向かう道路には、黄色い「鉄の柵」があるのですが、片方しか空いていなかったので、入っていいのか不安になります。(下の写真は、帰りに撮ったので暗くなり始めています。)

「この先 行き止まり」「トラック進入禁止」と書いてありますが、普通車は規制されていなかったので、ドキドキしながら入っていったら駐車場がすぐありました。

入ってすぐのところに第1駐車場があって、奥まで進むと第2駐車場があります。

勇竿釣具店の西公園出張所は、すぐそばの第1駐車場です!

トイレ

「東扇島西公園第一駐車場」側のトイレはこんな感じです。 男子トイレは、The公衆トイレの匂いがしていました。

「東扇島西公園」のトイレ

だれでもトイレは、中は広いのですがオムツ替えシートなどはありませんでした。

「東扇島西公園」のだれでもトイレ

トイレの外には、3口の手洗い場もあります。

川崎市の釣り情報

東扇島西公園の釣り情報を確認していたら、いろいろ紹介されていたので参考までにどうぞ!

川崎市の案内

川崎市:港の公園について

浮島つり園

浮島つり園について知りたい。 | まいぷれ[川崎市]
浮島つり園について知りたい。

釣り参考サイト

https://anglers.jp/areas/123
【2022年】川崎・東扇島西公園の釣り場解説(釣れる魚・ポイント・ルール) | ORETSURI|俺釣
川崎市にある「西公園」こと東扇島西公園の釣り場を解説します。都内からアクセスがよく、年中魚影が濃い釣り場です。 家族連れでも楽しめる快適な釣り場のため、週末や連休は混雑し、釣り座を確保することが困難なこともしばしば。 どんな魚が釣れているか?釣り方やポイントの海底特徴などを紹介。
東扇島西公園の釣り情報!釣果・ポイントなどの釣り方を徹底解説
東扇島西公園の釣りは海釣りと夜釣りが楽しめます。東扇島西公園の釣果はアジ、メバル、サバといった小型の魚が多いので、おすすめの釣り方は8フィートのライトタックルを使ったルアー釣りです。おすすめポイントは、夜釣りの時間に人が少ないテトラ帯で、5月〜7月のシーズンに足を運んでください。
初心者OK海釣りスポット紹介~神奈川県川崎「東扇島西公園」
立ち入り禁止の多い東京湾の陸釣りですが、そんな中、釣りOKで、足場も良く、初心者の方にもおすすめなのが、神奈川県川崎市の「東扇島西公園」です。 東扇島西公園の場所、アクセス、駐車場、対象魚情報などをぜひご紹介したいと思います。

川崎市の「東扇島西公園」で、子どもと一緒に釣りをしたらカサゴが釣れました!!

せっかく買った釣具を使いたくなって、東扇島西公園で釣りをしてきたら、百均の釣具で本当にカサゴが釣れてしまったので、釣りにハマってしまいそうです。

実は、東扇島西公園に向かう車の中で、第1子くんと「かーちゃんだけ釣れちゃったらどうする?!」「えぇ〜〜、やだぁ〜〜!!釣るまで帰らない!!!」と話していたのですが、悔しいことにそうなってしまいました。。

父も悔しいので、またリベンジしに行こうと思います!

次は、サビキを仕入れて、釣り方を変えて、ちゃんと夕飯を食べれるようにしたいなぁ!

 

ちなみに、今回連れたカサゴちゃんは、みんなで楽しく観察させてもらったので、持って帰って食べずに、リリースしてあげました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました