【紹介者コード: 0010594645 】タイムズカーシェア(Times CAR)が子育て中も便利でお得!

お出かけ

タイムズカー(Times CAR)を使い始めて、なんだかんだで7年になり、子どもが3人になりましたが、ずっと活用してます。

早速ですが、タイムズカー(Times CAR)の紹介者コードがほしい方向けに、僕の紹介者コードを表示しておきます。(僕の紹介者コードを利用しても、個人情報を僕が知ることは出来ないので、安心してください!)

【紹介者コード: 0010594645
2022年7月1日(金)~ 10月31日(月)ご入会分まで、通常1枚しかもらえない「60分カーシェアeチケット」がこの期間なら 2枚 もらう事ができるので、ぜひ利用してくださいな。

ちなみに、紹介した僕も「カーシェアeチケット」をもらえるので、利用してもらえると嬉しいです(笑)

タイムズカー(Times CAR)は、車を持つよりも費用が安い

子どもが増えてくるにつれて、車を買うことも考えるようになってくると思うのですが、諸々の費用を考えてみると、自分で車を買って維持管理するよりも、タイムズカー(Times CAR)でシェアカーを利用しているほうが、僕の利用方法だと安いですね。

ちょっと遠めのステーションもあるので、場合によっては15分程度歩いたりして、シェアカーを利用する不便なところはあるものの、その分トータルで考えると安く済んでいます。

実際の利用履歴

実際の利用履歴を見てもらうとわかりやすいかな、と思うので過去15ヶ月分の利用履歴を表示してみました。ちなみに利用料金には、ガソリン代も含まれていますよ!

タイムズカー(Times CAR)を利用するのは、月に数回の週末のことが多いのですが、早めに予約すれば使いたいときに好きなように利用することが出来ています。

ちなみに、TCPプログラムの「ステージ3」になっているので、1クラス上の車でも安く利用できている利用金額になっています。

ステージ3の特典

  • 月額基本料金無料
  • ミドルクラス(330円/15分)をベーシッククラス(220円/15分)の料金、
    プレミアムクラス(440円/15分)をミドルクラス(330円/15分)の料金で利用可能

2022年7月の「利用内訳」は、こんな感じでした。

ガソリンが減っている場合は、車載されているカードで給油すると「給油割引」があったり、キャンペーンで30分チケットをもらえたりします。

2022年7月の利用内訳はこんな感じで、12時間の利用が2回ありますが7,000円ちょっとで利用できています。2時間以内のときは、1,650円です!

どこかに遠出するときだけじゃなく、数時間でする買い物や外食にも使ったりしているので、ほぼほぼマイカー的な利用方法をしているのですが、それでも月2万円を超えることは少ないですね。

車の維持費 比較

車の維持費 比較」などで、検索してみると中古車販売の会社さんなどがいろいろ調べてくれた情報を公開してくれています。

車を自分で買って維持管理するための費用は、調べてみると結構いろいろあります。

  • 車両購入代金
  • 車検料金(整備点検、自賠責保険、重量税、印紙代)
  • 自動車税、軽自動車税
  • 任意保険
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • メンテナンス費用(オイル、タイヤ、故障時の修理など)

詳しいところは調べてみてほしいのですが、軽自動車でも年間で30万円程度の維持費がかかるようです。

月にすると3万円弱ですね。

お出かけの時などは、ベビーカーを積んで持っていったり、買い出しに行くときなどは水とかビールなどかさばるものを買うので軽自動車だと5人家族には厳しいです。

我が家の場合だと、子どもが3人いて、うち2人は小さいのでチャイルドシートが必須なので、6,7人乗りの車が理想のサイズになるのですが、そうなると維持費が結構高くなります〜(泣)

ちなみに、今の賃貸の駐車場は月2万円弱の費用がかかるので、我が家の場合だと駐車場代だけですでにタイムズカー(Times CAR)を使ってるのと同じ費用になってしまいます。

なので、使いたいときだけタイムズカー(Times CAR)を利用するほうが、節約もできるし大きい車で遠出も楽しめちゃいます。

タイムズカー(Times CAR)の「カーシェアポイント(cp)」を貯めると、もっとお得

先程ちらっと話しましたが「TCPプログラム」という仕組みがあり、タイムズカー(Times CAR)の利用の仕方によって「カーシェアポイント(cp)」がたまって、よりオトクなサービスが受けられるものです。

最上位のステージ4になると、全てのクラスの車がベーシッククラスの料金で利用可能になるので、8名乗りのプレミアムクラス(セレナ・ノア・VOXY)を「220円/15分」で使えるようになっちゃいます!

また「6時間を超える利用で時間料金から1,000円割引」や「カーシェアeチケット(60分)を毎月プレゼント」などお得感満載です!

ただ、僕の利用方法だと300cpを超える程度なので、もうちょっと利用回数を増やしたり、長距離のお出かけをしないと最上位のステージ4には、届かなそうです。

「カーシェアポイント(cp)」は、取得した履歴を見れるのですが、以下のように給油をしたり、積算走行距離が増えるともらえます。

また、利用後のメールに届く「キレイ度チェックアンケート」に回答することでもコツコツ貯めることが出来て、自分の次に利用した人が同じアンケートで「好評価」にしてくれることでも「カーシェアポイント(cp)」をもらえます。

タイムズカー(Times CAR)は、ステーション数・車両台数ともに圧倒的1位なので便利

以前、世田谷区に住んでいた時には、シェアカーが始まりだした時期で、たまたま近くにあった「カレコ(careco)」を利用していたのですが、川崎市に引っ越してからは圧倒的にカーシェアステーション(タイムズの駐車場)の多かったタイムズカー(Times CAR)に変えました。

それからも利用できるカーシェアステーションがどんどん増えてきて、家から15分以内だと30台ちょっと利用可能な車があります。

実際にステーションを探してみてもらうとわかりやすいのですが、周辺地図で表示される検索結果は、ステーションがたくさんあり過ぎてちょっと引きで見ると地図が見えなくなってしまいます。

以下は、川崎市で検索してみた状態です。

こんなにたくさんあるので気になったため、カーシェアの車両台数を調べてみたら、タイムズカー(Times CAR)の運営元のパーク24株式会社の投資家向け資料の中で、グラフが表示されていて車両数も会員数も段ドツに多いことがわかりました。

出典元:投資家情報 > 個人投資家の皆様へ > 市場環境 |パーク24株式会社

会員が多ければ、企業側もさらなる投資ができるので、どんどん便利になっていきますよね。

さらに調べてみると「公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団」の公開しているデータや、「カーシェアリング比較360°」というサイトでは「タイムズカー」だけではなく「カレコ」や「オリックスカーシェア」など、それぞれのサービス名で比較データが出ているので、参考にしてみてください。

いろいろな車を試乗出来る

公式サイトの「車種」ページを見てみたら、2022年9月末現在で「33車種」が利用できます。

各ステーションによって準備されている車種が違うのですが、実際の生活の中で家族みんなで乗車して試乗できてる感じになります。ディーラーの試乗とは違い、生活圏の道路で乗れるし、遠出した時の感じも知ることが出来ます。

また我が家の奥は、子どもが産まれる前に免許をとったので、あまり車の運転経験がないのですが、タイムズカー(Times CAR)のおかげでいろんなサイズで色んなタイプの車で練習ができています。

パット見は似ていても、乗って運転してみるとアクセルやブレーキの踏み心地や車幅感とか、車内での子どもたちの過ごし方など、短い時間ではわからないこともタイムズカー(Times CAR)なら試すことができちゃいます。

タイムズカー(Times CAR)の「家族プラン」なら、1人分の月額基本料金で、ご家族全員が利用できる

タイムズカーは個人プラン、家族プラン、学生プラン、法人プランの4つのプランがあるのですが、「家族プラン」だと、1人分の月額基本料金で家族全員が利用できるようになっています。

「家族プラン」の条件内容は、運転免許証に記載された名字もしくは住所が同一であることが条件となり、会員カードはご家族1人ずつ発行されます。

また、車を予約するときに「追加運転者」を入力しておけば、会員同士での運転交代が可能になります。

遠出する時には、運転を交代したいときもあるので入力しておくと便利です。ちなみに利用開始後も予約変更にて追加運転者の登録が可能ですよ。

【注意】「TCPプログラム」の「カーシェアポイント(cp)」は、それぞれの会員別々に貯まる。

「家族プラン」で利用した場合、1人ずつ会員カード番号(IC管理番号)が発行されます。

「家族プラン」だから「TCPプログラム」の「カーシェアポイント(cp)」も共有できてるのかなと思っていたのですが、「カーシェアポイント(cp)」はそれぞれの会員カード番号(IC管理番号)ごとに貯まっていきます。

左が僕ので、右が奥の会員ページの表示です。

これで何が困るかというと、ステージの違いによって利用料金が変わることがあります!

通常は僕の「会員カード番号(IC管理番号)」で利用することが多かったので、僕はステージ3なので、ミドルクラス(330円/15分)をベーシッククラス(220円/15分)の料金で使うことが出来ます。

しかし、奥はステージ1のままだったため、ミドルクラス(330円/15分)を利用するとそのままの金額になってしまいます。

車をステーションから自宅まで、1人で乗ってくる練習をしてもらおうとおもって、奥のカードで予約をしたらいつもより利用料金が高かったので気づくことが出来ました。

先程の「追加運転者の登録」をすれば、一緒にいるときは運転を交代できますが、「追加運転者」に登録した人が1人だけで運転することが出来ないので要注意です。

スマホアプリがあれば車の鍵を開けられる

タイムズカー(Times CAR)を利用し始めた当初は、カード型の鍵を車の端末に近づけて解錠していたのですが、スマホの専用アプリだけで利用開始することができるようになりました。

これが地味に便利で、財布にしまっているカードを出す手間がなくなるのが思ったより良かった!

タイムズカー(Times CAR)なら、ジュニアシートが常備されている

子どもがいると気になるところですが、タイムズカー(Times CAR)にはジュニアシート(背もたれがないブースターシートタイプ)が常備されています。

今までの経験だと「ベーシック」と「ミドル」クラスには1つ、「プレミアム」クラスには2つ常備されているようです。

ジュニアシートの利用の目安としては「年齢3歳、身長100cm以上、体重15kg以上」となるので、子どもが小さいうちはチャイルドシートは準備する必要があるのですが、成長すると常備されているジュニアシートを利用することができるのでかなり便利です。

我が家だと第1子くんと第2子ちゃんが3歳差なので、第2子ちゃんが産まれて車に乗れるようになる頃にはしっかり成長して、ジュニアシートで乗れるようになってくれました。

以前、タイムズカー(Times CAR)を利用した際に1度だけ、ジュニアシートが入っていないことがあったのですが、その場で電話で問い合わせをしたら、利用予定のない隣りにあった車をリモート解錠してくれて、その車に常備しているジュニアシートを代わりに利用させてくれたりもしました!

「ジュニアシート」が装備されているのは、子育て中の家族にとってはとっても嬉しいサービスだったので、ぜひ知ってほしいポイントですね!

タイムズカー(Times CAR)のお友達紹介で、「60分カーシェアeチケット」がもらえる

いまなら2022年7月1日(金)~ 10月31日(月)ご入会分まで、通常1枚しかもらえない「60分カーシェアeチケット」が、この期間なら 2枚 もらう事ができるキャンペーンをやっています。

「スグ乗り入会」「インターネット入会」「クイック入会」「無人入会機 事前登録」のいずれかで、入会申込時に「紹介者コード欄」に紹介者コード: 0010594645を入力することで、入会特典の「60分カーシェアeチケット」を 2枚 もらう事ができちゃいます。

ちなみに僕の紹介者コードを利用しても、個人情報を僕が知ることは出来ないので、安心してください!

【紹介者コード: 0010594645

紹介した僕も「カーシェアeチケット」と「30カーシェアポイント」をもらえるので、利用してもらえると嬉しいです(笑)

タイムズカーシェア(Times CAR)が子育て中も便利でお得! のまとめ

7年間使い続けているタイムズカーシェア(Times CAR)が便利でお得すぎるので、まだ使ったことがない子育て中の家族向けに情報を共有してみました。

 

今までに訪れた公園 (Googleマイマップ)

ピンが立っているところから、それぞれの公園の記事を確認できます!

  • オレンジ:公園
  • 赤:長いすべり台が楽しい公園
  • 青:複合遊具が楽しい公園
  • 紫:遊べる施設
  • 紺:釣りができる場所
  • 緑:その他施設

スマホの場合は、タイトル横のアイコンを押すと、公園の一覧を開くことができます。

お出かけ子育てグッズ情報
tontotakumiをフォローする
子育て 知ってみ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました